profile

はじめまして、

「コンカズ」と申します。

イギリス ( ロンドン) 在住22年 (2021年現在)。元々は音楽活動をしていましたが、途中で指に大ケガを負い、活動を断念。

現在はロイアルアカデミーという都心の美術館でギャラリーアテンダントの仕事 + 陶芸家のカミさんのサポートをしながら、二人の子供と家族四人で暮らしています。



このブログは、留学していようが、日本国内にいてようが、引きこもりで部屋の中でプスプスとくすぶっていようが、会話の相手なしで英語のスピーキング力を上達させることができる、

「独り言英会話」/ “Soliloquy in English”

を生活の中に習慣として取り入れることによって、読者の英語力を確実に日常会話レヴェルまで持っていくことを目的としています。


おいおい、ちょっと待て! オマエ「独り言英会話」なんて言いながら、自分は海外に住んどるやんけ!自分が英語話せるようになったのは、単純に英語が話せる環境にいたからと、ちゃうんかい?


はい。ある時点からは、そうとも言えます。しかしながら、この「ある時点」に辿り着くまでには、それ相当の努力と、試行錯誤と、自信喪失の繰り返しを経験してきました。


海外に住んでいるからと言って、常に人と接しているわけではありませんし、1日の中で行われる人間同士のやりとりなんて、それこそ受け身でいたら、ほとんど内容もない片言を数回交わすだけで、終わってしまいます。

「独り言英会話」にたどりついた経過


まずはじめに、日本に住んでいて、留学を目指している方が結構いらっしゃると思うのですが、留学したからといって英語がペラペラになるわけではありません。

僕自身、3年以上もイギリスで過ごした後に、ほとんど英語が話せずに帰国していった日本人を何人も見てきています。



逆に最近では、YouTubeなどで日本国内にいながらオンラインレッスンなどを通して英語を学んだ人が、結構な英語レヴェルでしゃべっているのを見て驚かされたりします。


僕も、初めは留学という形でイギリスに渡ってきたのですが、さっさと英語を話せるようになって、ネイティヴの人たちとバンドを組むのが目的だったので、一番下の基礎レヴェルからスタートした、語学学校での自分の成長スピードに不満を感じていました。

毎年が迫り来るビザの期限との睨み合いだったんで…



留学してたところで、1日に会話する時間なんてすごく限られてるし、生活していくためのバイト (日本料理のレストラン) にたくさん時間は取られるし…

ある程度時間が経って、外国人同士だったら、不恰好ながらもなんとかコミュニケーションがとれるようになっていったわけですが、いつもしゃべっている量が多いのは相手の方。



ネイティヴのスピードには到底ついていけず… Gueeeeerrrr!!!



「なんとかこの状態を打開できる方法はないか?」

「なんかもっと… 考えたことがスラッと、英語で口から出てくるようになる方法はないんか?」

と色々考えていたところ、


結局は、英語で話そうとトライしてみた数で全ては決まるのではないか?


と言う考えにたどり着きました。

そこで、思いついたアイデアが 『独り言』で英語を話すこと。

「独り言英会話」の効果は?


自らが開発したこの「独り言英会話」

ひょっとしたらこれって、ちょっとした発明なんちゃうん?

と、当時は思いましたが、蓋を開けてみると、このやり方を思いついたのは全然自分が最初ではありませんでした…。w


先駆者や実践してる人達、実はウヨウヨいてはります。

ハァ〜 ガックリ… と思いきや、かなりの人がこの方法を推奨しているってことは、裏を返せば「効果アリの裏付け」ってことになります。



この方法で、毎日コツコツと続けていったところ、1年間の間に(実際にはビギナーレヴェルに半年近くいたので、約半年の間に)1番下のビギナーレヴェルから、間の3つのレヴェルをスルッと走り抜け、アッパーインターミディエイト(上級レヴェルの一個下)まで上り詰めることに成功。

結論から言うと、「独り言英会話」を実践していくと、「英語で話す」という作業の前に必ず通過しなければならない過程である、「英語で考える」と言うという部分がすごく鍛えられるのです。


「独り言英会話」については以下のブログ記事でさらに詳しく述べています。

英語汁【第六号】”独り言英会話のコンセプト”

英語汁【第七号】独り言英会話の「習慣化」とその「効力」

こんな人たちに向けて発信しています。

  1. 義務教育で習った英語をそのままで終わらせたくない人。
  2. 将来的に海外に出て活躍する予定で、それまでに自分の英語力を日常会話レヴェルにまでもっていきたい人
  3. 日本の将来に不安を持っていて、いつでも海外脱出できるように準備しておきたい人
  4. イギリスに興味がある人
  5. 国外に出ずに、英語で話す力をつけたい人
  6. ネットビジネスをしていて、今後海外にマーケットを広げていくために英語力をつけたい人
  7. 英語とアフリカ音楽が好きな人
  8. なんか退屈でムシャクシャしてるから、”とりあえず英語で話せるようになったるわー”と、頭から湯気が出てる人

「独り言英会話」の効果は?

最後に…

この「独り言英会話」は、「英語で考えて、英語で話す」という能力のアップに最適と僕は断言できますが、残念ながら、ボキャブラリーアップや、ヒアリング能力を向上させる部分はカバーしていません。

これらを他のメディア(YouTubeなどのオンライン英会話やニュース)やマテリアル(英語の本)などを通して、別途に学習してもらって、その結果を『独り言英会話』の実践に取り入れながらやっていく、という形がベストになります。

このブログにアクセスしてくれた皆さんが『独り言英会話』を習慣として一日の中に取り入れることによって、自信を持って英語を話せるようになったり、また、世界の場で活躍するきっかけになったりしたら、最高です。

みんなで頑張っていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました