【アフリカの音楽 その① ババトゥンデ・オラトゥンジ】

Music

Blog 011. (日本語/Japanese)

こんにちは、

コンカズです。

アフリカは暑い! 

そしてアツいと言えば、アフリカの音楽だ!

このシリーズでは

ここしばらくの間

僕がハマりにハマっている

”アフリカのミュージシャン”

photo by Nathaniel Tetteh

について紹介していこうと思います。

若い頃は主に

ロックミュージックやブルース、

または、リズム&ブルースなんかを

メインに聞いていたので、

アフリカのミュージシャンと言えば、

Fela Kutiを数回聴いた程度で

他はほとんど何も知らなかった

と言うのが正直なところ。

ところが

インターネットの普及以来

YouTubeを通じて

いろんな音楽がアクセス可能に… 

photo by Bill Wegener

そんな中

すごく新鮮に感じたのが、

アフリカはナイジェリア出身のミュージシャン

“Babatunde Olatunji “

(ババトゥンデ・オラトゥンジ)

によるデビュー作

“Drums of Passion”

白熱のパーカッション

+彼のボーカルとバッキングボーカルズの

活気あるかけ合い

(英語ではchantと呼ばれる?) が、

僕がアフリカ音楽に求めていたイメージに

ドンピシャにマッチング!!!

思わずLPを購入して、

一気に大ファンになってしまいました。

と言うことで今回は

彼の最初の3枚のアルバムを

ピックアップしていきます。

スポンサーリンク

“DRUMS OF PASSION”

ということでまずは、

コロンビアレコードから

リリースされた

彼のファーストアルバム

“Drums of Passion”

(なんと1959年録音!)

アフリカの民族音楽は

いろんなレコード会社から、

たくさんの音源がリリースされていますが、

大抵のものが

ストリートミュージックを

ライブ録音したものなので

音質的に受け付けられない方々も

いるかもしれませんが、

これはその類のものではありません。

と言うよりも、

かなりポップな仕上がりになっていて、

実際のところ、

アフリカンミュージックを

初めてアメリカやヨーロッパで

ポピュラーにした

アルバムと言われています。

( カントリーミュージックでいえば、

モンローブラザーズはちょっとキツイけど、

ハンク・ウィリアムスだったら

聴けるって感じですかね。)

とにかく完璧です。

まず、レコードの針を落とした瞬間に

あなたに太陽が照りつけます!!!

photo by Sofi Layla

確かに熱を感じるのですが、

全ての曲が打楽器とボーカルの掛け合い, 

またはパーカッションのみ

で構成されているので、

(変に感情的なボーカルや暑苦しいギターソロもなし)

どちらかといえば、

爽やかともいえます。

ショボい曲はひとつも入っていないから

はっと気がつくと聴き終わっている。

ええっ、もう…

ほんじゃもう一回行っとこうかな。

ってな感じで

2周目もありですかね。w

photo by Andrew Liu

と言うわけで、

このパーカッションと

ボイスの掛け合いを聞けば

やる気が湧き上がってくること

間違いなしです!!!

“ZUNGO! AFRO – PERCUSSION”

2枚目のアルバム。

たくさんのゲストミュージシャンが

クレジットされています。

一曲目のイントロから、

アフロ感があなたにストライクします。

基本的なスタイルは

1枚目と変わりませんが、

ホーンが入っているので

雰囲気がちょっと変わります。

とは言っても1枚目と同様、

あいかわらず太陽の日差しは強いです。w

photo by Ninno Jack Jr

このパーカッションに

ホーンが入っているのを

実際に聞く事によって、

コルトレーン (John Coltrane) が、

オラトゥンジの音楽に感化された

と言われるのも

わかるような気がしますね。

「おおっ、

こんなパーカッションをバックに俺も

インプロヴァイゼイションしてみてぇー!」

みたいな… 

(しかめっ面のエルヴィン・ジョーンズを横に… w)

(ちなみに彼のアルバム 

“コルトレーン” に入ってる曲

“Tunji (Toon-gee) は

オラトゥンジに捧げられた曲です。)

photo by David Tomaseti

2曲目の ”ZUNGO” (アルバムのタイトル曲)

のイントロなんか聞くと、

マリオン・ブラウン(Marion Brown

あたりなんかも影響受けてんのかな?

とさえ感じます。

リラックスできると同時に、

世界に大きく包まれているような

感覚に陥る素敵なアルバムです。

“FLAMING DRUMS”

さて、ジャケットもカッコイイ3枚目。

太陽の日差しは衰えません。

よってダンスも続行です。W

photo by Ray Rui

はて、一曲目の、

“Abana”って曲、

どっかで聞いたような?

と思っていたら、思い出しました。

2枚目のアルバムにもゲスト出演している、

アジア系音楽のヴァイブを

ジャズと融合させたことで有名な

いろんな楽器を操るサックス奏者

ユセフ・ラティーフ (Yusef Lateef)

が “Jazz around the world” ってアルバム

でこの曲を取り扱っています。

(なんか発見できてラッキーな気分 ♫)

このアルバムにも

ホーンは入っていますが、

音的には

ゲストミュージシャンの数が

2枚目とくらべて少ない分、

どちらかといえば一枚目に

近い感じですかね。

photo by Pawan Sharma

ポジティブエナジーが

爆発しています。

ダンサー達が

高速でケツを揺らして

発電しているのが

目に浮かびます。

枯れかけていた植物も、

元気を取り戻して

太陽に向かって

“シャキーン” と

なるに違いありません。

ヘコんでいるヒマなど

これっぽっちもありません。

どないですか?

皆さんも

オラトゥンジのドラムから

湧き出てくる

アフリカの太陽の

熱パワーをいただいてみては?

photo by Henrik Hansen

コンカズ

*この記事の英語ヴァージョンは 👉 こちらから

タイトルとURLをコピーしました